総計: 1317952  今日: 8  昨日: 102       Home Search SiteMap E-Mail Admin Page
歌う日♪
★掲示板★
ライヴ日記♪
●日常日記●
■思ひ出写真館■
 
 
 ぎふと結成まで
ぎふと結成までのストーリー
  ぎふとの自己紹介
    小野寺 恭平
    奈良 浩伸 
  ぎふとの歌詞集
    自転車物語
    明日のページ
    君への恋の歌
    ほうき星
    雪だるま
    歩道橋から
    果ての無い道
    春2
 ボックスのタイトル : ぎふとの歌詞集
 題名 : 雪だるま

作詞・作曲  のぶ

 

今年もこの街に冬が訪れて 今夜あたりに雪が降り積もるらしいよ

 

ちょっぴりセンチメンタルな気分で 窓の外の夜空を見上げているよ

 

雪降る夜の公園 嬉しそうな君は 優しく僕に雪を 投げたその後二人で

 

君が頭を作って僕が体を作った あの雪ダルマはもう無いけれど

 

僕の心の中にはまだあの雪ダルマが 溶けずにちゃんと笑顔で残ってる

 

君の笑顔と一緒に

 

去年の雪はもっとキラキラしてて ずっと君とはしゃいでいたよね

 

遠くの街で今頃僕の事を君も思い出してくれるのかな

 

朝起きて外を見る 一面白銀の世界で 君が居ない公園は 静か過ぎて何も無くて

 

僕が一人で作ったこの雪ダルマは なぜか悲しそうに笑ってる

 

ふいに見上げた空から粉雪がちらつき 嬉しそうな君の横顔が

 

見えた気がしたんだ

 

君が頭を作って僕が体を作った あの雪ダルマはもうないけれど

 

僕の心の中にはまだあの雪ダルマが 溶けずにちゃんと笑顔で残ってる

 

君の笑顔と一緒に

 

 

誰でもつくれるホームページ Copyright (C) 2004 LantechSoftware Co.,Ltd. All rights reserved.