総計: 1322474  今日: 23  昨日: 17       Home Search SiteMap E-Mail Admin Page
歌う日♪
★掲示板★
ライヴ日記♪
●日常日記●
■思ひ出写真館■
 
 
 ぎふと結成まで
ぎふと結成までのストーリー
  ぎふとの自己紹介
    小野寺 恭平
    奈良 浩伸 
  ぎふとの歌詞集
    自転車物語
    明日のページ
    君への恋の歌
    ほうき星
    雪だるま
    歩道橋から
    果ての無い道
    春2
 ボックスのタイトル : ぎふとの歌詞集
 題名 : 歩道橋から

作詞・作曲  恭平

 

そこからは何が見えるの 僕は一人歩道橋から少ない星見てる

 

さっきまで繋いでいたいた手も 今はポケットの中

 

別々になる駅のホームで 僕は一つ電車見送った

 

君と過ごす時間が長いほど 伝えたい気持ち言葉にならなくて

 

いつかそんな気持ちも自然と伝わりあうような そんな恋になればいいな

 

 

今までしてきた恋と 始まりが何か違うって分けじゃないけど

 

今まで以上にこの恋を僕は大切にしたい

 

電車が走り出す 見えなくなるまで手を振った

 

君と過ごす時間が長くても 全てが分かり合えるわけじゃないから

 

いざという時に素直になれない君の事解ってあげたい

 

君も同じ気持ちでいてくれたらなんて 少し高い場所から星を見てるよ 

 

誰でもつくれるホームページ Copyright (C) 2004 LantechSoftware Co.,Ltd. All rights reserved.